AboutCXRについて
沿革

昭和33年

中国地区以西で初の検査業者として、放射線検査業務を開始

昭和35年

非破壊検査専門会社として、中国エックス線株式会社を設立 

昭和40年

日本溶接協会より、全国で初の放射線透過写真撮影事業者として認定

昭和41年

科学技術庁より、放射線同位元素の使用許可を受ける

昭和50年

米国Southwest Research Institute(SwRI)と技術援助契約を締結

昭和59年

通産省・工業技術院と「管内自走装置」特許実施契約締結
代表取締役中野盛司が非破壊検査振興協会理事長に就任

昭和60年

通産省・工業技術院と「パイプライン設備診断装置」特許実施契約締結

昭和61年

ジュネーブ国際原子力産業見本市で、日本政府コーナーに「MOGRER」出展
「粉体処理による染色浸透探傷法」で日本非破壊検査協会奨励賞受賞

平成2年

創立30周年を機に、社名を株式会社シーエックスアールとする

平成4年

東京都第三者検査機関の指定を受ける
代表取締役中野盛司がCIW検査事業者協議会代表幹事に就任 

平成7年

代表取締役中野盛司が非破壊検査業界の活動貢献により藍綬褒章を受章

平成8年

日本道路公団、橋梁第三者検査を実施

平成9年

京浜営業所を開設
ISO9001認証取得(エンジニアリング事業部)

平成10年

「Thru-VUシステム」を米国Omega-International Technology社より導入
六ヶ所営業所を開設

平成11年

創業者中野盛司が代表取締役会長に、小早川茂之が代表取締役社長に就任
新規開拓室、並びに名古屋出張所を開設
再処理施設小径配管への適用を目的にイッテルビウム照射装置を開発

平成12年

ISO9001認証取得(全社規模に拡大)

平成13年

創業時社屋の落成
超音波TOFD装置を導入、実用化 

平成14年

「配管用磁わい式非接触超音波受発信システムの実用化」の補助事業認定

平成15年

「MsS磁わい超音波探傷装置」のフィールドテスト開始
タンク側壁診断システムの開発 

平成16年

日立支社を東海村に移転

 

住重試験検査株式会社と非破壊検査分野全般において業務提携を締結

平成17年

島根営業所を開設

平成18年

呉本社新社屋の新築竣工

平成19年

CR装置(コンピューティッドラジオグラフィ)を導入、実用化

平成20年

小早川茂之が代表取締役会長に、小早川孝が代表取締役社長に就任
下北営業所を開設

平成22年

水島営業所社屋の新築竣工
会社創立50周年

平成26年

仙台営業所を開設

平成27年

東京本社を大田区に移転(新規事業室、京浜営業所を統合)

平成28年

竹原市に研修開発センターを開設